俳優の経験を活かして動画配信を行う根田さん

YouTubeチャンネル、SNS等を活用したPR・情報発信など

  • 大阪

大阪府 岬町 地域おこし協力隊 現役隊員(任期:2021年6月~)
根田淳弘さん

東京での生活に別れを告げ、故郷に近い岬町で協力隊に

大阪の大学で演劇を専攻し、卒業と同時に上京し俳優活動をしていた根田さんは、40歳を超えた頃から故郷の和歌山に戻ろうかと漠然と考えはじめていたという。それを決定付けたのは、2020年の年末に新型コロナウイルスに感染し、さらに肺炎を併発したことだったという。

「ひとりで不安を抱えながら自宅療養の日々を過ごしたことを機に、故郷に帰ろうと決めました。何人か高校の同級生に相談したところ、友人から、岬町で地域おこし協力隊を募集しているという話を聞きました。」

大阪府岬町は根田さんの出身地・和歌山県和歌山市に隣接している。

「岬町なら友人もいて実家からも近く、なによりこの年齢で新しいことにチャレンジできることも魅力に感じられて応募を決めました。」

根田さんは2021年6月に岬町の地域おこし協力隊に着任。ミッションは、動画やSNS等による情報発信だった。根田さんは、面接を受けたとき、YouTubeチャンネルを立ち上げて岬町の魅力を発信するプランを語ったという。

「動画の配信は東京で芸能プロダクションに所属していたときに経験していました。もともと俳優活動をしていたこともあり、『みさきおこしチャンネル』というYouTubeチャンネルを立ち上げ、毎回企画を考えて、自分が出演して動画を配信することから始めようと思いました。岬町が誇れるものを動画で発信しようと、まずは1週間の釣り企画に挑戦しました。毎日アフター5に私が漁場に向かい、その日の酒の肴を自力で釣るというチャレンジ動画です。これが好評だったので、さらに、町内を走るローカル線と自転車で競争するという企画をやりまして、これも評判になりました。」

左)動画をより充実した内容にしたいと意気込む根田さん 右)好評だった1週間釣りチャレンジの動画

動画の配信を通して、地域との関わりが広がる

町役場の担当者は動画制作に対して好意的で、内容については基本的に根田さんに一任されているという。

「活動の一環で、大阪府立大学の留学生とサイクリングした際に、町内にある理智院というお寺の住職さんから『釣り企画の動画を観ましたよ。面白かった』と声をかけていただきました。まさか住職さんが見てくれているとは思わなかったので、すごく嬉しかったです。」

府立岬高校のピリカ部から誘いを受けて、海岸の清掃活動をしたこともある。「ピリカ」とは、アイヌ語で「美しい」という意味。ゴミ拾いを通じて、地域貢献や環境保全に努めているそうだ。

「ピリカ部では、海岸をきれいにしてSUP(スタンドアップ・パドルボード)をしたりします。私も高校生と一緒にビーチクリーンに参加して、その後でSUPも楽しみました。留学生とのサイクリング企画もそうですが、地域おこし協力隊として活動していく中で、地域の方と関われる機会が増えていることが嬉しいです。」

都会では常に新しい情報をインプットして、時代を追いかけながら生きてきたという根田さん。移住して地域での生活になじめるか、当初は不安もあったが、自分でも意外なほど地域の暮らしが性に合っていたという。

「毎日海を眺められるというのは、本当に贅沢なことだと感じます。自然に囲まれて、地域の人たちと交流しながら生活していると、少し前まで都会で時間に追われるように生きていたことが信じられなくなります。今は、朝は5時くらいに目が覚めるし、夜は10時くらいには寝ています。」

今後、『みさきおこしチャンネル』を、さらに充実した内容にしていきたいと語る根田さん。

「いずれは、町民全員にチャンネル登録してもらえるように、頑張ろうと思います。」と目標を語ってくれた。

左)高校生たちと一緒に行ったビーチクリーン 右)大阪府立大学の留学生と町内をサイクリングした
フォトグラファーとして活躍する日根野さん

広報活動、SNSによる情報発信、移住定住促進ほか

  • 大阪

大阪府 岬町 地域おこし協力隊 隊員OB(任期:2020年6月〜2021年12月)
日根野太之さん

岬町のガイドブックを発行することを目標に

日根野太之さんはフォトスタジオ勤務を経て、2011年よりフリーのフォトグラファーとして活動。やがて仕事を通じて西日本各地でのまちおこしに関わるようになり、2018年に岬町役場からの依頼で、「ミサキノ編集教室 伝わる文章と写真術」のワークショップに写真の講師として呼ばれた。当時、岬町では空き家の活用や移住の支援、農漁業の活性化といった課題に取り組む「まちづくりエディター」を独自に採用し、2名が活動。新たに2020年より地域おこし協力隊を募集することになり、日根野さんに声がかかった。

「役場の方から『やってみないか』と誘いを受けました。親しくしていた方からのお誘いで、岬町とのご縁もあったので、やってみようと思いました。」

親しい役場担当者からの誘いと町との縁から、2020年6月、岬町の地域おこし協力隊として着任。課せられたミッションは、情報発信、移住定住促進だった。

「移住定住促進というと『関係人口を増やす』という目標を掲げる場合が多いかと思いますが、私はまず『関係時間を増やす』ことが大切だと思い、一人でも多くの人に岬町を知ってもらうために、岬町をPRすることに注力するプランを提案しました。」

活動について、綿密に計画を立てていたという日根野さん。任期中に岬町の旅行ガイドブックを発行することを最終的な目標に掲げた。

「受け取った方が、保存しておきたくなるようなガイドブックを作成したいと思い、そのためには、ボリュームも中身も充実させる必要があると考えました。ガイドブックに掲載する情報を集めるために、なるべく多くの町の人から話を伺い、延べ約2,000人くらいの方に協力してもらいました。」

続けて、SNSを開設。あえて協力隊ではなく、神戸市在住の20代の若者が岬町に魅せられて発信しているという設定にした。

「一個人が発信するのであれば自由度も高まるし、岬町のファンという設定にすれば注目度も上がります。」

ユニークな戦略が功を奏し、日根野さんの狙い通りに、SNSは注目を集めるようになった。

左)町内を走るローカル線。多奈川線のホームにて日根野さんが撮影 右)岬町に魅せられた女子学生たちが数多くやってきた

京都の大学生に町のファンを広げて、岬町のPR活動を展開

取材活動を継続しながら、ガイドブックが発行された際のプロモーション活動の準備も始めた。

「全国の人に岬町のことを知ってもらえるように広いエリアでプロモーションしたいと思っていました。そこで、仕事を通じて接点のあった各地の大学生に連携できないかと相談したところ、中国地方の岬町出身の大学生と出会いました。話をしてみると、『町を出てから、岬町がより好きになった。ぜひガイドブック作りに参加させてほしい』と言っていただけました。」

このほかにも、撮影の仕事で繋がりのあった京都の大学生とコラボして、学生たちに岬町の風景がデザインされたスマホケースを持ってもらうというプロモーションを行った。その結果、スマホケースがきっかけとなり、岬町に興味を抱いた女子学生たちが岬町を訪れるということがあったという。

「ローカル線のレトロな駅舎などがSNS映えすると、学生たちの間でちょっとした話題になりました。当たり前の風景が、実は女性うけするということを、地元の人に気づいていただくことができました。」

その後は、ガイドブック制作のための資金集めに動いた日根野さん。自ら動いて西日本を中心に32社ものスポンサーの賛同を得ることができ、そのうち1社が印刷費用と制作費の一部を負担してくれることになった。

「広島県のデザイン会社がまちおこしに関心を持っていて、出資したいと言ってくださいました。協力隊としての活動の総仕上げにするつもりでしたが、このありがたいオファーを受け、最後の仕上げは協力隊としてではなく個人としてデザイン会社と契約を結んで完成させてもいいのかなと思いました。そこで、あえて1年半で地域おこし協力隊を退任することにしました。」

日根野さんは2021年12月で地域おこし協力隊を退任し、その後、フリーランスとして活動を始めた。

「もちろん、岬町のために活動していることには変わりないので、今後も町とコラボができればいいと考えています。今はガイドブックの制作を進め、いずれは以前からつながりのある台湾と岬町の交流ツアーなどを仕掛けていきたいと計画しています。」

左)ローカル線の地元駅。何気ない風景に人を引きつける魅力がある 右)岬町のファンとなった学生たちがモデルとなってくれた

Profile

大阪府 岬町 地域おこし協力隊 現役隊員
根田淳弘さん

1977年生まれ。和歌山県出身。大学で演劇を学び、卒業後に上京。俳優活動などを経て、芸能プロダクションに勤務。その後、里帰りを決意し、友人の薦めで実家にも近い大阪府岬町の地域おこし協力隊に着任し、YouTube動画制作・配信を中心に活動中。

Profile

大阪府 岬町 地域おこし協力隊 隊員OB
日根野太之さん

1976年生まれ。兵庫県出身。フリーのフォトグラファーとして活動する。仕事での縁を機に、大阪府岬町の初の地域おこし協力隊として、2020年6月に着任。広報活動をメインに活動し、2021年12月に退任。その後も岬町に定住し、岬町のガイドブック発行に向けて活動中。